情報システムは、実際のコードを作り出す技能だけでは役に立たない。特に大きなシステムになるほど、設計の重要さが増す。設計がしっかりとした地盤を築いていなければ、その上にいくらコードを積み重ねたとしても、開発プロジェクトはうまく行かない。それだけに、情報システム開発で全体のデザインを設計する担当者の存在意義は大きい。

ITコンサルタントは、情報システムを必要としているクライアント企業と協調し、システム開発に携わることができる能力を持っている。フリーランスとしてシステム開発のコンサルタント業を任せられるには、さらに経歴を積み重ねておくことが望ましい。
ITコンサルタントのフリーに至るまでの道としては、プログラマーからシステムエンジニア、さらにプロジェクトマネージャーといった仕事の経験がある。

こうしたキャリアアップを経てさらにフリーランスとして多くの開発現場を経験してきた技術者は、難しい開発プロジェクトにおいても確かな情報デザインやマネージメント能力を発揮する実力を持っている。大きなシステム開発のプロジェクトを抱えている企業は、フリーランスの分野から実力あるIT技術者を起用するという判断ができる。

経歴が優れていて実力ある人物であるほど、起用に相応の報酬が必要となる。しかし、社運をかけた重大なプロジェクトを成功させたい場合には、フリーの技術者へも人材起用の視野を広げて、人選を行う事がプラスになる。そのため、フリーランスで現在活躍中の人は常に自分の価値を向上させ案件を獲得できるように準備しておくことが重要である。

価値向上への参考サイト【http://freelance-consultantpark.net/】フリーランスとして活躍するポイントを公開中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です